下部組織

下部組織 / ジュニア / ジュニアユース

 

下部組織概要

小学生~中学生まで随時選手を募集しています。詳細は上部メニューでカテゴリーを選んでください
現在 入会金無料キャンペーン 実施中です(4月末入会者まで対象)

FFC エストレーラ川口は、1996年に発足した社会人フットサルチームです。

今までに、Fリーガー2名、関東リーガー数名、埼玉県選抜選手などを輩出しています。

現在は、女子トップチームが関東女子リーグに所属しています。

女子トップチームからは、過去の3名の日本代表選手を輩出しております。

このチームを母体に育成年代の下部チームを運営しています。

 

「フットサルはサッカーの入り口」と言われております。欧米では育成年代においてフットサルや少人数制のサッカーが主に用いられています。フットサルで学ぶ技術や戦術は、サッカーにも応用が利きます。

また、フットサルではFリーグという日本リーグが発足しており、プロ選手もいますので、フットサル選手としてのキャリアも今後は想定されるでしょう。子供たちが大人になるころにはオリンピック種目になっているかもしれませんね。

最近では高校や大学にもフットサル部があり、フットサルでの推薦入学、特待生度を設けている高校や大学もあります。

フットサル、サッカー選手に必要な要素としてもちろん、技術もありますが、認知・決断・判断という要素が非常に重要になってきます。これらは日本人が苦手な分野とされ、足元の技術は高いけど試合では通用しないと言われることもしばしばあります。

フットサルは狭いスペースで、早い判断力が求められます。そのためには多くの情報を視覚で認知する必要があります。狭いスペースでのボールコントロールもさることながら、育成年代でフットサルに触れることはこのような能力を養う上でも重要です。

私たちは育成年代にはどのような指導がいいのかを日々研究しながら、子供たちが楽しくフットサルをする環境を用意できるよう努めております。

 

監督:金子 諭
 日本サッカー協会公認 サッカーC級コーチ
 日本サッカー協会公認 フットサルC級コーチ
 
コーチ:内田淳二
 関東リーグ カフリンガ東久留米選手
 
上部メニューよりカテゴリーを選択して下さい。